【初心者でもわかる】海外FX業者と国内FX業者の比較

最初に、海外FX業者と国内FX業者がどう違うのかというところから見ていきましょう。

詳しい説明は後からしていきます。

 

海外FX業者と国内FX業者の比較

比較項目海外FX業者国内FX業者
レバレッジ平均400倍程度
最大2000倍
最大25倍
法人口座は業者。通貨ペアにより異なる
スプレッド国内FXより広い狭い
取引方式NDD方式(STP、ECN)
実際に通貨が売買され、FX業者は仲介料を手数料として受け取っている仕組み。
DD方式(OTC)
FX業者が注文を呑む仕組み。実際には注文通り市場で売買されていない。
FX業者と客の関係客の取引量が多くなればなるほどFX業者は儲かる客が損失を出せば出すほどFX業者が儲かる
約定力高い低い
約定拒否なしあり
(重要指標発表時などに多数発生)
スリッページECN口座はなし
STP口座はわずかに発生することがあり
あり
追加証拠金なし
口座残高がマイナスになっても支払義務なし
あり
口座残高がマイナスになった場合、後日請求される
プラットフォームMT4
+その他のプラットフォーム
自社開発プラットフォーム
MT4ほとんどの業者で利用可能ごく一部の業者で利用可能
取引の透明性取引に応じた報酬形態、世界標準のMT4利用、ECN取引など低い。プラットフォームがブラックボックス
最新のテクノロジー最先端、世界基準海外に遅れて日本は導入。
さらに導入すらされない最新技術もある。
税金雑所得、累進課税
20万円以下なら0%
申告分離課税
一律20%
最低入金額1万円程度0円~
最低取引量平均1000通貨~平均10000通貨~
口座開設のスピード10分程度10分程度
入金方法海外送金
国内送金(銀行振込)
クレジットカード
国際決済サービス
国内送金(銀行振込)
入金スピードクレジットカードなら即日反映最短即時~翌日反映
入金手数料クレジットカード→0円
国内送金→数百円
0~数百円
出金方法海外送金
国際決済サービス
デビットカード
国内送金(銀行振込)
出金スピード国際決済サービス→1日程度
海外送金→3~5日程度
最短即日~
出金手数料国際決済サービス→1000円程度
海外送金→3000円~5000円程度
無料~数百円
キャンペーン、ボーナス入金額の30~100%キャンペーン次第(最大で1万円程度)
信託保全業者による義務化
問い合わせ対応日本語
24時間体制
日本語
24時間体制

 

海外FX業者の方が優れているところ

レバレッジ

レバレッジとは日本語で言うとてこの原理のことです。簡単に説明すると少ない資金を担保(証拠金)に多くの取引が出来るものです。

海外FX業者は高いレバレッジでの取引が可能です。最大1000倍の業者も存在します。

国内FX業者だと最大25倍になりますので、より多くの資金が必要になってしまいます。

初心者の方はよく勘違いされている方がいらっしゃるのですが、最大のレバレッジで取引する必要はないのです。

もっと言えば、最大で取引するような方は相場の世界では生き残ることはほぼ不可能です。

レバレッジというのは実効レバレッジ(保持しているポジションの損益も含まれる)です。

いざエントリーが重なって違うポジションを持とうとしたときにレバレッジが低いと資金不足でエントリーできないなんていうことが起こりうるのです。

ですので、レバレッジが高い海外の方が1枚当たりの証拠金が少なくて済むのでメリットしかありません。

 

取引方法

表にあるように、海外のFX業者は客が儲けようが、損しようが手数料が入るので儲かる仕組みになっています。

逆に国内FX業者は呑み行為を行っておりますので、客が儲けてしまうと赤字になってしまいます。

すべての業者がそうであるとは断言できませんが、勝ちが続くと注文が通るまで時間がかかったり、スリッページを許可していないと約定拒否されたりします。

海外FX業者だとそういったことをする必要がないので、想定どおりのトレードが出来るので安心です。

 

プラットフォーム

国内のFX業者でMT4(世界標準)が使えるところはほとんどありません。

MT4なしではトレードにならないと言っても過言ではないほど便利なプラットフォームなので、ここは譲れないです。

 

追加証拠金

海外FX業者では、証拠金以上の損失が出たとしても請求されることはありません。

国内FX業者だと、きっちり請求されます。これは本当に怖いことです。

例えば、○○ショックなどが起こった際に一瞬で数百pipsから数千pipsレートが動いてしまうことが実際に起こるのが相場の世界です。

口座に入ってる資金の10倍、100倍の金額が請求されたのを想像してみて下さい。下手すると人生終わります。

この理由だけで海外FX業者を選択するトレーダーは実際、非常に多いです。

 

国内FX業者が優れているところ

スプレッド

国内FXの売り文句はスプレッドの狭さです。どの業者も基本的に競い合っています。

ただ、これはあくまで見た目だけの話になります。

本来スプレッドが固定なはずがないのです。

つまり業者がレートを操作しているということです。

突き詰めていくと、リミットを設定していたとして、1pips手前で止めることや、ストップをギリギリで狩り取ることもできるというわけです。

もちろん確実な証拠があるわけではないので断言は避けます。

なお、スプレッドは狭くてもスリッページが発生するので想定どおりのレートで約定できることは稀なので、あまり意味がありません。もちろん狭い方が有利なのは間違いないですが。

スプレッドで業者を選ぶのは初心者の方に多いです。

 

信託保全

国内FX業者は信託保全が義務化されていますので、万が一業者が倒産した場合でも預けているお金はほぼ確実に戻ってきます。

ただし、保持しているポジションは強制決済されてしまうので、損失が出ていた場合でもそのレートで決済されてしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?投資は余裕資金でやるものです。最悪0になっても諦めはつきます。

しかし、追加証拠金だけは0では済まなくなるので、ぜひ注意してください。

 

投稿日:

Copyright© 【初心者でもわかる】海外FX、バイナリーオプション、仮想通貨業者徹底比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.